top of page
検索

誤差1ミクロンの3Dスキャナー測定を外注しました

精密なテーパー角度が必要な部品を作るために測定業者に依頼をしました。

このデータを基に誤差の無い高剛性の部品を作っていきます。

外注費は研究機関で使われる高価な測定器を使用したのでそれなりに高いですが

手工具では測定不可能な数値も拾えます。


3DCADを始めとする3D技術が一般でも使いやすくなったのでリバースエンジニアリングのモノ作りのレベルが上げられます。

今後は携帯できる3Dスキャナーがかなり進化すると思います。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

来月より順次値上がりいたします

大変心苦しいお知らせになります 材料や外注費が上昇いたしますので来月より価格変更を行います 在庫数の表示のあるものは在庫なくなり次第生産を終了いたします 今後は現行モデルに取りつくアイテムしか生産は行いません 今後ともよろしくお願いいたします

Comentarios


bottom of page