top of page
セブン170用隔壁エアクリ (Air intake with air flow partition for Seven 170)

セブン170用隔壁エアクリ (Air intake with air flow partition for Seven 170)

¥42,000価格

※右ハンドル用です!

※For Right handed Steering!

 

※取り付け後なにかあっても自己責任です

  • Product Info

    ケーターハム セブン160用にパワーフィルター型エアクリーナーボックスです。

    私はセブン160のオーナーで公道からサーキット走行なども楽しんでいます。 以前は剥き出しのパワーフィルターをラジエター後方の空間に設置していましたが、エンジンが温まるとすぐに出力低下してしまいノーマルのアルトワークスに加速が負け始めます。

    原因を探るとラジエターの熱を吸い込み吸気温度が70度を超えていました。 気温が1度上がると空気中の酸素は0.366%低下するので外気温と吸気温度の差が大きくなると酸欠状態ということになります。

    そこで開発したのがこのパーツです。

    特性としてはボディ側面やボンネット面を利用してエアクリーナーボックス化する事によりキノコ型エアフィルターが収まる容積を確保でき、さらにエアクリーナーボックス型の様にエンジンルームの熱の影響を受けることなく吸気が可能となります。 外気15度でサーキット走行で比べたデータです。 水温95度以上で剥き出しパワーフィルターはラジエター裏で吸気温度は62度、純正位置で58度 このパーツを使用した際は26度でした。 ラジエター裏の剥き出しに比べると36度の差です。 ということは36度×0.366%で13.176%もの酸素濃度の差になります。 さらにいうとこれは1気圧での話でブーストが0.9掛かっていた場合は25.0344%もの差になります(計算間違ってたらごめんなさい)。 あとラジエター裏に設置したらフィルターはすごく汚れます この商品は外気を効率よく吸気でき、吸気音も迫力が出てやる気が出ること間違い無しです。 このパーツは注文生産ですので在庫がない場合は発送までお時間いただく事がございます。 基本的にボルトオンで取り付けできる様に作ってますが、私の車から採寸して製作していますのでケーターハムの車は手作りのため多少の誤差があるかもしれません。 誤差分を考慮して作っていますので取り付けの際は、いい位置に調整してください 同時に出品しているショートマフラーと合わせて使用するとさらにレスポンスが良くなります。

     

    エアクリーナーBOXの説明動画です。

    https://youtu.be/TX60pBsuGU8

bottom of page